風に強いのぼり旗を作るには土台や記事のこだわりを

のぼり旗を設置する時に大事なことといえば
デザインですが、せっかく良いデザインののぼり旗を
作成しても、うまく使えなければ意味がありません。

うまく使えないというのはどういうことかというと、
のぼり旗というのは風の影響を受けることで、
倒れてしまったりすることがあるのです。

ですから、ある程度風に強い物を用意することも大切です。示す

風の強い場所で設置する場合には、特に気をつけて
状態を整えることが必要になってきます。

なお、風に強いのぼり旗というのは何が違うかというと、
土台が違います。のぼり旗を設置する時には、
注水台を使用して固定するのが一般的な方法ですが、
注水台の中には、風に強いタイプというのがあるのです。

風に強いタイプの注水台は、普通の注水台よりも
どっしりとして重量感がありますので、風の強い場所で
使うのにピッタリです。

このタイプを持っていると、普段は風の影響を
受けにくいけれど、風が強くて影響を受けやすい
という日に役立つこともあります。

ちなみに、生地に関しては、最も利用されていると
言われている一般的な生地よりも厚みが2倍の
生地があります。設置方法

この生地は、天候の悪い場所に設置する時に
役に立ちますので、こういったことも覚えておくと
より効果的と言えるでしょう。

また、風の影響によって、のぼり旗が巻き上がって
しまうことがありますが、テープの所に取り付けることが
できる専用の道具がありますので、これを使えば
巻き上がり防止に役立ちます。

防水ののぼり旗を作るメリットは?

のぼり旗にも防水タイプのものがあり、作るメリットがあります。

まず外でのぼり旗を使う場合は劣化しにくいのが
最大のメリットでしょう。

多くの場合のぼり旗は室内ではなく屋外の方で使われます。

雨が降れば雨水にさらされますし防水タイプで
ないものを使うと、そのうちインクが落ちて来たり
布が劣化しボロボロになってしまいます。

しかし防水タイプのものなら雨水にさらされても
中にしみこむことがありませんので、イラストや文字は
いつまでもきれいなまま保てます。

雨が降るたびにのぼり旗を屋内に入れるのであれば
問題はありませんが、いちいちそうしていると面倒ですので
防水タイプのものを作ったほうがいいでしょう。

また室内で防水タイプののぼり旗を使うことにも
メリットがあります。目に留まりやすい

雨にさらされることはありませんが、フードコートなどで
使う場合は飲み物がこぼれて、のぼり旗が汚れてしまう
ことがあります。

しかし防水タイプなら汚れがついても中まで
しみこみませんので、すぐに落ちますので
キレイに保てるのです。雰囲気を出す

洗っても劣化しにくいですし、少し料金が
高くなりますが、長い間使うなら
防水タイプにしたほうがいいでしょう。

そもそもこの加工をしている物は
布がボロボロになりにくいという
メリットがあります。

加工をすることによって布が丈夫に
なるからです。
ちなみに防水タイプは使っているうちに
劣化して水がしみこむようになることは
あまりありません。

しっかりと加工をしてくれているからです。

寿命を延ばすにはメンテナンスも!のぼり旗のクリーニングについて

のぼり旗をできるだけ長く使用するには、日頃のメンテナンスが大切になります。

ただし、のぼり旗をポールから取り外して、洗濯機などで丸洗いするのは
基本的にはNGです。

のぼり旗の生地が傷んでしまい、破れてしまったり、
色あせしたりしまったりして、かえって寿命を縮めてしまうことがあるためです。呼びかけ

そのため、汚れが目立ってきて、見栄えが悪くなったと感じたら、
すぐに新しく作り直すのが常識となっています。

しかし、洗濯機でジャブジャブと丸洗いする
などの生地を傷めやすいクリーニングは
避けたほうが賢明ですが、優しく手洗いをしたり
クリーニング店などのプロの業者に
綺麗に洗ってもらうのは問題ありません。

高価な生地を使用しているのぼり旗などは
そう簡単に作り直すわけにいかないので、
1年に1度程度はクリーニングに
出すことを検討してもよいでしょう。

手洗いする場合は、大きなタライや浴槽などを活用すると便利です。

ぬるま湯に洗剤を溶かし、手で押し洗いをします。
このとき、汚れがひどいようなら、酵素系の漂白剤を使用するのもよいでしょう。思わず見入ってしまう

塩素系の漂白剤は、色落ちの原因となるので使用は避けるべきです。
軽く脱水して天日干しすれば、すぐに乾燥します。

丁寧に手洗いしたとしても、のぼり旗を傷める危険がありますので、
あまり頻繁にやらないすることも大切です。

日常的にできるメンテナンスとしては、固く絞った雑巾で
のぼり旗の表面を拭いてあげるなどのクリーニング方法もあります。

ゴシゴシと力をいれて拭いてしまうと生地を傷つけてしまいますが、
軽く擦るくらいなら大丈夫です。