のぼり旗をオリジナルで作るデザインのデータの作り方

のぼり旗をデータで作る方法はたくさん
ありますが、最も簡単な方法は
エクセルを用いた旗づくりです。

主な作成手順は2つあります。
1つ目は、写真をデータとして用いる知らせる
方法です。

なるべく画素数がきれいなカメラを用いて
写真を撮るのがコツです。

のぼり旗にポイントとして載せたい場合でも、
この方法は使えます。

パソコン上でUSBメモリなどを経由してデータを落とせば、
そのデータの加工をして写真を用いるサイズを決めます。

後は、プリントスクリーンしてそのデータを
エクセル上に張り付ければ、のぼり旗データの
上に持ってくることも可能です。場所がわかるように

後は、プリンタの設定をカラーにして印刷しましょう。

この時大切なのが、印刷の詳細ページを開いて、
はやいでなく、キレイを選択するようにしましょう。

のぼり旗の様に、遠くから見てもはっきりと中に
書いてある文字が見えるようなものを作成する時は、
通常の印刷よりも印刷スピードを遅くしてゆっくり
カラー印刷しなければなりません。

2つ目は、手書きでなるべく文字や図形を多くして
のぼり旗を作るという方法です。

前者と比べて、一から作るので手間がかかりますが、
世界に一つだけのオリジナリティーにあふれた
のぼり旗が作れます。

似たようなデザインののぼり旗の作成が考えられる
場合は、時間が掛かりますが、この方法で取り組むのが
いいでしょう。

他にもいい点として、自分のさじ加減で文字のポイントや
字体、図形の形を決めることが出来るので、
よりイメージに近いものができます。