防水ののぼり旗を作るメリットは?

のぼり旗にも防水タイプのものがあり、作るメリットがあります。

まず外でのぼり旗を使う場合は劣化しにくいのが
最大のメリットでしょう。

多くの場合のぼり旗は室内ではなく屋外の方で使われます。

雨が降れば雨水にさらされますし防水タイプで
ないものを使うと、そのうちインクが落ちて来たり
布が劣化しボロボロになってしまいます。

しかし防水タイプのものなら雨水にさらされても
中にしみこむことがありませんので、イラストや文字は
いつまでもきれいなまま保てます。

雨が降るたびにのぼり旗を屋内に入れるのであれば
問題はありませんが、いちいちそうしていると面倒ですので
防水タイプのものを作ったほうがいいでしょう。

また室内で防水タイプののぼり旗を使うことにも
メリットがあります。目に留まりやすい

雨にさらされることはありませんが、フードコートなどで
使う場合は飲み物がこぼれて、のぼり旗が汚れてしまう
ことがあります。

しかし防水タイプなら汚れがついても中まで
しみこみませんので、すぐに落ちますので
キレイに保てるのです。雰囲気を出す

洗っても劣化しにくいですし、少し料金が
高くなりますが、長い間使うなら
防水タイプにしたほうがいいでしょう。

そもそもこの加工をしている物は
布がボロボロになりにくいという
メリットがあります。

加工をすることによって布が丈夫に
なるからです。
ちなみに防水タイプは使っているうちに
劣化して水がしみこむようになることは
あまりありません。

しっかりと加工をしてくれているからです。

もっと見る