寿命を延ばすにはメンテナンスも!のぼり旗のクリーニングについて

のぼり旗をできるだけ長く使用するには、日頃のメンテナンスが大切になります。

ただし、のぼり旗をポールから取り外して、洗濯機などで丸洗いするのは
基本的にはNGです。

のぼり旗の生地が傷んでしまい、破れてしまったり、
色あせしたりしまったりして、かえって寿命を縮めてしまうことがあるためです。呼びかけ

そのため、汚れが目立ってきて、見栄えが悪くなったと感じたら、
すぐに新しく作り直すのが常識となっています。

しかし、洗濯機でジャブジャブと丸洗いする
などの生地を傷めやすいクリーニングは
避けたほうが賢明ですが、優しく手洗いをしたり
クリーニング店などのプロの業者に
綺麗に洗ってもらうのは問題ありません。

高価な生地を使用しているのぼり旗などは
そう簡単に作り直すわけにいかないので、
1年に1度程度はクリーニングに
出すことを検討してもよいでしょう。

手洗いする場合は、大きなタライや浴槽などを活用すると便利です。

ぬるま湯に洗剤を溶かし、手で押し洗いをします。
このとき、汚れがひどいようなら、酵素系の漂白剤を使用するのもよいでしょう。思わず見入ってしまう

塩素系の漂白剤は、色落ちの原因となるので使用は避けるべきです。
軽く脱水して天日干しすれば、すぐに乾燥します。

丁寧に手洗いしたとしても、のぼり旗を傷める危険がありますので、
あまり頻繁にやらないすることも大切です。

日常的にできるメンテナンスとしては、固く絞った雑巾で
のぼり旗の表面を拭いてあげるなどのクリーニング方法もあります。

ゴシゴシと力をいれて拭いてしまうと生地を傷つけてしまいますが、
軽く擦るくらいなら大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)